ノルバスクを安心して飲んでいる高齢者のイラスト

ノルバスクとその仲間たち

高血圧のお薬の中でも副作用が少なく高齢な方でも安心して服用できるノルバスク。しかし、このお薬がもし効かなかった場合はどの薬を使えばいいのでしょうか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

ノルバスクとその仲間たち

ノルバスクの効能と副作用

ノルバスクは有効成分をアムロジピンベシル酸塩として、高血圧や狭心症の治療に使用される飲み薬です。高血圧などの症状は血管が収縮して血液の通り道が細くなるか、血液そのものが凝固して流れにくくなっている状態で、血液がスムーズに循環できていないと、心臓が圧を高めて押し流そうとすることから血圧が上昇するようになります。血管の伸縮性が失われるなど様々な要素がありますが、血圧を早く改善する方法としては血管を拡張してしまうことにあります。そして血管を収縮させる原因のひとつは、カルシウムイオンが平滑筋細胞に流れ込むことで起こるというもので、このカルシウムイオンの通り道となるカルシウムチャネルを防ぐ働きがあるのがノルバスクとなっています。結果的にカルシウムイオンが流入できず、血管が収縮できないばかりか拡張されて、血液の流れが良くなることで血圧が下がるようになります。他にも血圧を下げる薬としてはメインテートなどがあります。
この作用からノルバスクはカルシウム拮抗薬と呼ばれ、様々な特徴から高血圧の第一選択となっています。カルシウム拮抗薬は末梢血管だけでなく、心臓の血管も広げる働きがあるため、高血圧以外でも狭心症の治療にも有効であると認められています。血液の循環が良くなることから、副作用には顔のほてりやめまい、動悸や頭痛といった症状が報告されていますが、治療薬の作用によるものなので次第に慣れていきます。カルシウム拮抗薬の特徴として手足のむくみや歯肉が腫れてくることがあるので、適度な運動やストレッチ、歯肉をブラッシングして口内を清潔に保つなどの処置が必要となります。重症となるような副作用は滅多にありませんが、併用禁忌としてグレープフルーツを含む柑橘系のジュースを飲むことは控えるようにしましょう。
また、血圧が高く身体にむくみがある場合はむくみ解消に効果のある薬もあります。有名なもので言うとラシックスという利尿作用のある薬があり、通販で購入することもできます。むくみ解消にラシックスを通販で購入する場合は個人輸入代行を利用してみましょう。