ノルバスクを安心して飲んでいる高齢者のイラスト

高血圧のお薬の中でも副作用が少なく高齢な方でも安心して服用できるノルバスク。しかし、このお薬がもし効かなかった場合はどの薬を使えばいいのでしょうか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

ノルバスクのジェネリックはあるの?

医療機関で、医師が処方する血圧を下げる薬には、数多くの種類がありますが、その中のひとつに「ノルバスク」と呼ばれる薬があります。この「ノルバスク」は、アムロジピンベシル酸塩が主成分になっており、カルシウムが血管壁の細胞の中に入るのを抑える、カルシウム拮抗薬と呼ばれるものになります。カルシウム拮抗薬に分類される「ノルバスク」は、1993年に発売された降圧剤になり、現在では数多くの製薬メーカーから、ジェネリック医薬品が発売されています。
「ノルバスク」のジェネリック医薬品名には、アムロジピンと呼ばれるものがあり、薬価はおよそ先発品の半額前後になっています。製薬メーカーによって、薬価に違いがみられますが、このほかにも薬の剤型を少しずつ変えて飲みやすさを追及したものや、薬に配合する添加物を少し変えて、製薬メーカー独自の工夫を行って販売している、ジェネリック医薬品があります。効果や効能に大きな違いはありませんが、薬の剤型や使用されている添加物に多少の違いがみられますので、自身が服用して調子が悪いと感じられたなら、処方された医師や薬剤師に相談されるのがいいでしょう。
血圧を下げる薬のなかでも「ノルバスク」は、血管に直接作用して1日1回服用するだけで、効果が持続する降圧剤になります。同じようなカルシウム拮抗薬のなかでも、副作用が少ないとされていますので、ジェネリック医薬品のアムロジピンも、同じようなことがいえるでしょう。
血圧を下げてその効果を1日持続させてくれる薬になりますので、薬価の安いジェネリック医薬品の、アムロジピンを使用されてはいかがでしょう。「ノルバスク」から変更されたい場合には、医師か薬剤師に相談されるのがいいでしょう。