ノルバスクを安心して飲んでいる高齢者のイラスト

高血圧のお薬の中でも副作用が少なく高齢な方でも安心して服用できるノルバスク。しかし、このお薬がもし効かなかった場合はどの薬を使えばいいのでしょうか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

ノルバスク以外の副作用が少ない薬とは?

ノルバスクは高血圧治療における血圧のコントロールを行うために最も頻繁に使用されている降圧剤の一つです。有効成分としてアムロジピンを含んでいるカルシウム拮抗薬に分類される治療薬であり、その長い使用経験から副作用が少なくて使いやすいとされています。カルシウム拮抗薬は降圧作用も大きいことから信頼性も高く、誰にでも使いやすいという面もあって頻繁に使用されることになっています。しかし、ノルバスク以外にも副作用が少ない薬もあります。そのジェネリック医薬品であるアムロジンは同じ有効成分を含むことからやはり副作用が少ないものです。また、同じカルシウム拮抗薬として知られるアダラートやコニールも副作用が少なくて信頼できる降圧剤としてよく用いられています。一方、作用メカニズムが異なる医薬品にも副作用が少ないことから頻繁に用いられているものがあります。レニンーアンジオテンシン系に働きかけることによって降圧作用を示す高血圧治療薬がそれに該当するものとして有名なものです。アンジオテンシン変換酵素阻害薬であるカプトプリルやレニベースは目立った副作用として空咳程度しか頻繁に見られるものがないということが知られています。それよりもさらに副作用が少なく、類似したメカニズムで降圧作用を示す降圧剤の種類としてアンジオテンシン受容体拮抗薬があります。ミカルディス、ブロプレス、オルメテックといった薬がよく用いられるものであり、ノルバスクなどに比べても優るとも劣らないような副作用の少なさとなっています。この他にも利用剤も副作用が比較的緩和なものですが、ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬やレニンーアンジオテンシン系に作用するものに比べるとリスクがあることは否めないでしょう。